マガジンのカバー画像

DESIGNERS NOTE

10
hacomono デザイナー、デザイン関連をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

デザインレビューのガイドラインを作りました -レビュー観点編-

こんにちは。hacomonoのプロダクトデザイナーのかんちゃんです。 組織に所属しているデザイナーの方であれば、レビューのガイドラインが欲しいと思った経験はありませんか? この記事は発足して2年弱のデザイン組織でデザインレビューのガイドラインを作成した経緯の記録の第2弾「レビュー観点編」です💡 中小規模のデザインチームでレビューに課題を感じている方々の参考になればと思い、「心得編」「レビュー観点編」「レビューフロー編」の全3編に分けて投稿予定です。 これまでの経緯hac

デザインチームでレゴ® シリアス プレイ®研修を行いました

こんにちは、hacomonoプロダクトデザイナーのさくです。 普段、ほとんどの社員がフルリモートで働いているhacomonoですが、定期的にオフラインで集まる施策を実施しています。 デザインチームでは先日、レゴシリアスプレイを使ったチームビルディングワークショップを行いました。 今回はその様子を紹介したいと思います! 実施の背景デザインチームでは定期的にランチ会を行ったり、開発LT会にあわせて出社してオフラインで会う機会を作っています。また、私の入社前ですが、一年前には

業務委託のデザイナーが、プロテインバーを食べて正社員に転じた話

はじめまして、2024年1月からhacomonoのプロダクトデザイナーとして入社しました、メイさん です。 (hacomonoでは全員がニックネームで呼び合う文化のため、このnoteでもメイさんでいきたいと思います) あっという間に入社後3ヶ月が経ちましたので、今回は下記2つについて投稿したいと思います。 hacomonoとの出会い 業務委託から社員になりたいと思ったきっかけ hacomono に興味を持っていただける方の参考になれば幸いです。 簡単な経歴haco

【Framework】FigmaでVariablesを使用したTypographyの設定やってみた

こんにちは。hacomonoのプロダクトデザイナーのかんちゃんです。 待望のTypographyの設定でVariablesが使用できるようになりました🎉 公式では下記のような投稿がXであり、大変盛り上がりの様子。 直近にFigma主催のデザインシステムイベントであるFramework by Figmaがあるため、それに合わせたリリースだと思われます。(海外で先行して開催) 早速使用してみたので、気になった事と一緒にシェアしたいと思います。 TextのVariablesの

デザインレビューのガイドラインを作りました -心得編-

こんにちは。hacomonoのプロダクトデザイナーのかんちゃんです。 組織に所属しているデザイナーの方であれば、レビューのガイドラインが欲しいと思った経験はありませんか? この記事は発足して2年弱のデザイン組織でデザインレビューのガイドラインを作成した経緯の記録です。 中小規模のデザインチームでレビューに課題を感じている方々の参考になればと思い、「心得編」「レビュー観点編」「レビューフロー編」の全3編に分けて投稿予定です。 作成のきっかけhacomonoのデザイン組織は

自身もチームも大切に。ウェルネスを後押しするhacomonoデザインチームの紹介

こんにちは、hacomonoでプロダクトデザイナーとして働くSakuと申します! 2023年6月に12年勤めた株式会社MIXIを退職し、7月より株式会社hacomonoに入社しました。 今回は、hacomonoを選んだ理由と、半年経って感じるhacomonoやデザインチームの実状についてご紹介したいと思います。 転職理由前職ではプロダクトデザイナーとして、SNSミクシィや家族アルバムみてねの新機能・新規事業の開発企画・デザインなどを行っていました。チームもプロダクトも未だに

FigmaのVariablesをダミーデータに活用したら、作業効率が格段にアップした話

こんにちは。hacomonoのプロダクトデザイナーのかんちゃんです。 2024年1月で入社して1年が経ちました。 hacomonoは店舗運営のためのプラットフォームを提供しているサービスです。 まだまだ発展途上なデザインチームで「本質的な業務にどう時間を割くのか?」はとても大きな課題だなと感じる毎日です。 FigmaのVariablesを使って作業効率を上げたいと考えているデザイナーさん、多いのではないでしょうか? この記事はそんな方のお役に立つと嬉しいです。 Figm

Figmaのバリアブルでカラー管理をした話

はじめまして。hacomonoのプロダクトデザイナーのなつい もえこ(@moeko_n)です。 hacomonoではFigmaのVariables(バリアブル)を取り入れてカラー管理をしています。 以前はカラー管理に課題があったのですがVariables機能でかなり運用改善ができたので、今回は導入の背景から活用方法までをご紹介します。 Variables導入の背景hacomonoでは店舗運営のためのプラットフォームを提供していますが、エンドユーザー向けのWebサイトを運営

「UI/UXのさらなる進化へ」hacomonoのプロダクトデザインチームは第二次立ち上げ期として採用強化中

hacomonoはプロダクトデザイナーを積極的に採用し、第二次立ち上げ期と社内で銘打ち、チーム作りの強化を進めています。 プロダクト開発はこれまで、業務委託メンバーの力を借りながらUI/UXの基礎を作り、その後エンジニアやPdMがデザイン面をカバーする形で運用を続けてきました。しかし事業の急拡大にともない、体制に限界が訪れることは明白でした。 そこで2022年からは正式にプロダクトデザインのチームを立ち上げ、UI/UXを強化。現在、社員7名、業務委託1名の体制で運営してい

【資金調達の舞台裏】デザイン細部にプロの姿勢が宿る、クリエイティブ制作のこだわり

hacomonoはこれまで、特にフィットネス業界に「スマートで洗練された次世代ソフトウェア」を提供する企業という認知を広げてきました。 そして今回、2023年4月に公開された「シリーズC」資金調達時のリリースでは、これまでのhacomonoのイメージをさらに前進させるようなクリエイティブが掲載されました。 「ウェルネス産業を、新次元へ。」をミッションに掲げるhacomonoは、今回の資金調達でどんなメッセージを世の中に届けたいと考えたのか。その狙いに迫るべく、Communi